子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

2021年度の1学期おわる

暑い一日。

1学期が終わりました。

それぞれの子どもたちが、それぞれの成長を遂げた毎日。

今日は恒例の異学年ごちゃまぜの「ふりかえり」

「自立する」「共に生きる」「世界に目を向ける」

子どもたちが自分の言葉で努力してきたことを語る。

それを模造紙にグループリーダーが貼っていく。

「自立するが多いのは、みんなブロックアワーとかで頑張ったからじゃない?」

なって2年生の子が話すのを見て嬉しくなりました。

「そうだよなあ。素敵な光景をたくさん見せてもらったよ」

そんなことを思いながら振り返りの時間を終えました。

ボクが子どもたちに伝えたことは「好奇心」

この夏休みは、子どもたち一人ひとりの好奇心を育む絶好のチャンス。

信州の大自然に触れたり、スポーツや文化芸術など好きなところへどうぞ。

とにかくたくさん楽しんで。

何かに没頭する夏休みを過ごして欲しいなって思います。

みなさん、お疲れ様でした!

感謝。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました