世の中はクリスマスに向かっている

クリスマスに向けてマツボックリを

朝は霜が降りたけれど昼間は暖かい大日向小学校。

晴天の下で中庭で遊ぶ子どもたちの声が聞こえてきます。

「もっとこっちだよ」

「えー?どこ?」

「ほら、そこだよ!」

「あー!こっちね!」

大きな松の木に登ってマツボックリを採る下学年の子どもたち。

男女とか学年とかは一切関係ない。

「なにやってんの?」

「マツボックリとってんだー」

なんてやりとりを見ていたら、後から来た子も自然に混ざっている。

松の木の高さは、2m50cmほどでしょうか…

しっかりとしているので、子どもたちが登っては天辺から顔を出す。

「おーい!くわまーん!」

なんて窓辺にいるボクに手を振ってくる(笑)

そんな楽しそうな光景を見るのも大好きです。

やっぱり子どもたちには笑顔が似合う。

楽しそうなのが何よりです。

「これで38こだよー」

なんて言いながら楽しんでいる。

「クリスマスの飾りにするんだよ」

そう笑顔で伝えてくれる子どもたち。

そうか…

クリスマスの季節が近づいているんだね。

今年のクリスマスはパーティというわけには行かないだろうけれど…

素敵なクリスマスが訪れるといいよね。

大日向小学校
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事をシェアして繋がろう!
KUWAMANをフォローして繋がろう!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました