スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

子どもたちに常に伝えたい言葉

Awesome!

以前、どこかで見つけたコースター。

「いいね!」かと思ったら、どうやら少し違うらしい。

「Awesome」には「素晴らしい」「カッコいい」「最高」なんて意味もあるんです。

畏敬の念を込めているので「いいね!」よりも深いのかな。

さて、みなさん!

子どもたちに「Awesome」な気持ち、伝えていますか?

例えば2歳の子がハサミを使っている。

紙を切りたくなるんですね。

でも、上手に切ることができないんです。

「ほらほら、こうやってやるんだよ!」

ついつい教えたくなっちゃう。

でも、なかなかすぐには理解してもらえません。

「だから、こうやって…」

「できないー!」

って子どもはイライラを募らせます。

ハッとさせられて、伝えることを変えてみました。

ハサミを使おういうチャレンジを賞賛する。

「お!すごい!ハサミできそうだね!」

「お!ちょっと切れたじゃん!すごーい!」

こんな言葉をかけるだけでイライラも解消されていくようです。

「まだやってるの?」

っていうくらい紙を一生懸命に切ろうとします。

まさに没頭する時間。

こんなことって他の場面でもありそうですよね。

サッカーを楽しんでいる子どもたちを見たら上手い下手ではなく

ボールを蹴っていること自体がカッコいいし最高です。

上手に目玉焼きが焼けなくてもフライパンを持ったことが素敵。

日常の中にある子どもたちのちょっとしたチャレンジに

「Awesome」を伝えたいなって思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました