✨️Challenge Respect Smile✨️

バレンタインと子どもたち

晴れを期待したのに水たまりの校庭で残念な朝。

「バレンタイン、もらった?」

「あれ?そうか!今日ってバレンタインだったね(笑)」

「げた箱に入ってんじゃない?」

「よくそんなの知ってるね!」

誰から聞いたのか、とても昭和な感じがしてホッコリさせられました。

でも…

学校には持ってこられないので実際にはありません。

「くわまん、これあげる!」

と手渡されたのが本日の画像です。

「あー!嬉しいよ!ありがとう!」

精一杯の表現に嬉しくなりました。

だいぶ緩やかで学校でのチョコレート交換をしていた時代もある。

そんな頃が懐かしくなりました。

まだまだ、さまざまな面で学校には余白というか、遊びがありました。

今は本当に窮屈だなって思うのです。

もう少し緩やかにならないのかなあ。

「いやいや、それでは規律が保てないですから!」

と言われてしまう。

でもね…

余白や遊びのない空間で子どもたちはゆったりと育つのだろうか。

そんなことを感じたバレンタインです。

桑原 昌之

スポーツ、教育、暮らし&まちづくりなど自由気ままに。
教育研究家・秦野市議会議員
✨️Challenge Respect Smile✨️
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/
タイトルとURLをコピーしました