そこでしか味わえないもの。

こなやの珈琲とパン 暮らし

今朝は昨日よりもバケツの氷が厚くなった丹沢・大山の麓。

「ん?水道も凍ってるか?」

と庭先の水道が凍結していないかと83歳の父が気にする。

如雨露に水を入れるために水道栓を捻ってみる。

問題なく水は出た。

まだまだ寒さ本番ではないようだ。

今日も朝から昼過ぎまで当てもなく歩き回る。

「こっちか?」

そう思った路地で曲がってみる。

気がついたら朝8時から開いているパン屋の前にいた。

今年は何度も話を聞かせてもらったり応援してもらったりした。

扉を明けるとパンのいい匂いがする。

まだ8時台なのに種類も豊富でどれにしようか迷う。

いつもなら買って帰るのだが…

カウンターで珈琲とふたつのパンを注文していただく。

スタッフの笑い声と優しい会話も心地よい。

だからなのか、パンの味にも優しさが溢れている。

「いらっしゃいませー!」

お客さんがやって来る。

ちょっとした会話をを交わしてパンを買っていく。

何とも言えない心地よさがあった。

こういうのって本当に大切だ。

それぞれの町には小さな店がある。

こんな時代だからこそ、こういった店は大切にしたい。

「唯一無二」

そこでしか味わえないものだからね。

タイトルとURLをコピーしました