雪遊びを期待していたけれど

雪遊びを期待した朝だったけど

昨日の雪は、夜になって小康状態になりました。

自宅近くは雨となり朝の銀世界は見ることができません。

丹沢・大山、そして弘法山に遮られる雪の少ない地区のいつもの光景。

勤務校は2時間遅れの始業開始。

ボクらは通常通りの出勤ということで駅から歩いてみました。

シャーベット状の雪があちらこちらにありベチャベチャに濡れてしまう。

「こりゃあ、あっという間に溶けてしまうな。」

そんなことを思いながら学校へ到着です。

校庭は、雪はあるものの水浸しのような感じになっています。

10時には地区巡視を兼ねて登校指導へ…

学校近くの子どもたちは、広場に残っている雪で遊んでいる。

大きくはありませんが、あちらこちらに「雪だるま」

家族で楽しんじゃっている感じがとてもいい。

「昨日のうちに作っておいた。」

なんていう子どもたちの声もありました。

なんだか嬉しくなります。

「やっぱり雪遊びって楽しいんだよなあ。」

ところが…

10:30の始業時刻には、校庭の雪は溶けてしまっていたのです。

雪遊びを期待していたけれど残念な光景が広がっています。

それでも、子どもたちは日陰の雪を求めて散っていく。

雪のあるところに群がる子どもたち…

「そうそう、それでいいよ!」

なんてことを思いながら、はしゃぐ子どもたちを遠くから眺めていました。

こういった「子どもたちの本能」って大切にしたいな。

そう思う一日でした。