子どもたちとたくさん笑おう!

子どもたちと笑おう!

今年度2回目の保護者会という土曜日。

たくさんの保護者の皆さんと対話する大切な時間となりました。

ファミリーグループごとに話す時間の後には全体会。

最後の最後にお話をさせてもらいました。

昨日も書いたけれど…

大前提として…

円の中心に子どもたちがいる。

子どもたちの周辺に保護者の皆さんと教職員の皆さん、地域の皆さんがいる。

円の中に全員がいて、その円全体が大日向小学校だと考えています。

なので学校側とか保護者側とかいう概念はありません。

なぜかというと…

全員が子どもたちの成長を支える仲間だからです。

ただし…

仲間とはいえ立場も違うし見ている角度も違う。

そこで大切なのが対話です。

オープンマインドで、それぞれの価値観を共有したいものです。

時としてシビアな話になることもあるでしょう。

でも…

どちらが正しいとか正しくないとかいう不毛な議論はいりません。

ただただ…

「それは子どもたちにとってよりよいことか?」

と問い続けるのみです。

というような話もさせてもらいました。

でも、いちばん伝えたかったのは感謝の気持ちです。

ところで…

保護者会を終えた午後、初めて長男家族が神奈川からやって来ました。

おしゃべりで身体を動かすのが大好きな孫1号(もうすぐ3歳)

彼と戯れるのは本当に楽しいものです。

「子どもたちとたくさん笑おう!」

「そして、いろんな人たちとたくさん笑おう!」

そんなことを強く感じた土曜日です。

皆さん、いつも本当にありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました