【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

池の氷と子どもたち

池の氷と子どもたち

今年の冬は何だか暖かい。

「このままだとプルーンの花が咲くのも4月になるかも?」なんて情報も…

毎日のように冬の姿を定点観測できる場所として池があります。

季節を通して相変わらず子どもたちに大人気です。

スクールバスが到着すると池に向かってダッシュしてくる。

カバンを背負ったまま近くにある棒を使ってツンツンしたり…

靴底を氷の上に置いてソロリソロリと踏んでみたり…

「今日の氷の厚さはどれくらいかな?」って試すのです。

そんな姿が可愛らしくてたまりません。

とある女の子が右足のブーツを氷上においてパワーをかけています。

「さてどうなるかな?」と見守ります。

「あー!」という笑い声と共に見事にブーツの少し上まで池ポチャ(笑)

ニコニコしながら玄関先に立つボクに近づいてきました。

「くわまーん!池ポチャしちゃったよー!」

「見てたよ。まだ氷は薄いんだねー。大丈夫かい?」

「ちょっと裾が濡れたぐらいだから平気だよー」

なんて言いながら校舎へ。

そんな姿が本当に子どもらしいというか何というか…

「大日向小学校の子どもたちは本当に楽しそうですね。なんだか表情がちがいますよ。」

外から来た人たちから、そんなフィードバックを頻繁にいただきます。

今週は雪遊びもあって、素敵な笑顔をたくさん見ることができたなって思います。

そして、とにかく動く。

「子どもらしい子どもの姿を大切にしたいな」と改めて思うのでした。

タイトルとURLをコピーしました