【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

協働できるゲームは楽しい

HANABI

気がつけば6月も最終日。

大日向は梅雨らしい一日となり、ザッと降る時間もありました。

そんな火曜日は、子どもたちと協働的なカードゲームを楽しむ。

「HANABI」で遊ぶのは初めて。

3人でやったのだけれど、これがなかなか楽しいのです。

みんなが初めてなので取扱い説明書を読みながらやってみる。

「ん?どういうこと?」

「え?これはだめなのか?」

なんてことが序盤は続きますが、少しずつ慣れてきます。

このHANABIは、自分の持っている手札を見ることができません。

一緒に遊ぶメンバーに情報をもらうしかないのです。

1から5まで5色の花火を揃えて打ち上げることができればOKなんだけど…

これがなかなか難しい。

「あー!これ捨てちゃだめだったな」

「おー!それはナイスだ!」

なんて言いながらゲームは進みます。

ボクらは1色しか揃えることができませんでした。

それでも、共に遊ぶというのは十分にできるのです。

他にも、いろんな協働できるゲームが教室にある。

対戦型ではなく協働型ってのいうのがいいよね。

ゲームだけじゃなくて遊びながら協働できるような仕掛けは大切。

「仲良くしましょう」から「気がついたら仲良くなっている」

そんなことが実現する教室のちょっとした風景でした。

タイトルとURLをコピーしました