スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

春を探していたらキノコを見つけたよ。

春を探していたらキノコを見つけた話

昨日は子どもたちと接する時間も少なかったのだけれど…

今日は日常に戻った感じがした。

朝もゆっくりと子どもたちを出迎える。

「今日はなにまーん?」

「今日は、ふつうのくわまん」

「なんだよ、つまんない。セブンイレブンのあんまんでしょ(笑)」

そんな会話をする朝だった。

ちょっと代打で下学年の体育も担当した。

ボクが担当すると「くわまん体育」と呼ばれるのも嬉しいよね。

たいしたことやっていないのだけれど…

ランチ後に背後から大声で叫んでくれた子がいた。

「くわまーん!体育たのしかったよー!」

おいおい泣くじゃねーか(ありがと)

体育の前に急いで検食(校長の仕事)で肉団子をモグモグと…

慌てて検食簿に記録して体育館へ行くという物語もあった(汗)

実はボクの専門は体育なのでOKなんだけどね。

それなりに実践もある。

象徴的のはこれかな↓

サッカーの授業で感じる対話の大切さ
寒い冬の時期、体育の定番はサッカーです。 1学期から「いつやるの?」とずっと聞かれていましたが、もちろん「今でしょ!」とは答えません。 「3学期だよ!冬スポーツだし...」 と待ちに待っての「サッカー」ですが、卒業...

まあ、他にあるのでいろいろ聞いてください。

そうそう…

中休みと昼休みの外の見守り当番をした。

そんな中で春を探そうと思っていたら「きのこ」を見つけたのだった。

「おいおい、これはなんだ?」

正直言って何という名のきのこなのかは分からない。

「おーい!面白いモノを発見したよ!」

と外にいた子どもたちに声をかける。

「なになに?」

「こんなの生えてんだよ」

「待て待て!毒きのこかもしれないよ」

「でも、これ硬いから食べられそうもないんだよなあ」

「なんでこんなにカチンコチンなの?」

なんて会話をしながら観察している。

こんな発見を楽しめるのも大日向小学校の魅力のひとつだね。

今週もお疲れ様でした。

タイトルとURLをコピーしました