子どもたちの強烈な個性と自己主張

道端に咲く花

歩いていたら素敵な花に遭遇しました。

道路の花壇に植えられていたものですが、残念ながら名前はわかりません。

立ち止まってこの花を観ていてなんとも素晴らしい自己主張だと思ってしまったのです。

色も形も個性的だけれど小さくて、自動車で走る人たちからは確認できないような花。

そうそう、子どもたちだって同じです。

強烈な個性をみんな持っていて、それぞれが自己主張もしているのに気づかない。

スピードを落としてみることで、子どもたちの姿も鮮明になってきます。

教師がやるべきこと、こなさなければならいことばかり固執していると個性も自己主張も見えません。

しっかりと、子どもたちの持つ強烈な個性と自己主張を感じる必要がある。

そう、花を見て思うのでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました