スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

リスペクトをもって伝え合うこと

銀杏の葉と共に

スポーツと教育の現場で、また、地域でもいろいろな人たちと出会います。

時折、リスペクトがない言動をする人に出会うことがあります。

間違いなく、自分のことしか考えていない人たちです。

全ては自分が正しくて、議論は自分の身を守るためだけに必死になります。

あれやこれやと理屈をこねて言いたい放題祭りという感じ…

これね、どこを観ているかがポイントです。

自分のことしか観ていない人は、自分が気持ちよくなれば相手はどうでもいいのです。

でも、相手のことを考えて自分の行動を決める人たちは違います。

まずは、相手にとってどうかを考えて、自分の意見を伝えます。

理解されてから理解される

という言葉あるように、リスペクトをもって相手に接することが何よりも大切です。

何かを議論するにも、相手を打ち負かしてナンボみたいな人に出会います。

いやいや、誰のためにやってるの?あんたそんなにえらいの?

といろいろ考えていまいます。

伝えるときにも、リスペクトをもってほしいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小学校教諭の仕事雑記
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました