子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

子どもは好奇心のかたまりなんだよね。

子どもは好奇心のかたまりなんだよね。

久しぶりに孫に会う日曜日。

昼前に散歩がてら実家へ向かうことにしました。

7月に3歳になる孫1号は、なかなかの健脚。

ちょっとした農道もグイグイと進んでいきます。

「いつも綺麗に刈ってあるのにどうしたんだろう?」

珍しく草が伸びたままで地主さんのことが少し心配になりました。

いつも3人のサッカーボーイズたちと歩いていた道。

バッタが飛び跳ねたり、秋には栗や柿が落ちていたり…

100メートルもない道だけど子どもたちにとってはワンダーランド。

保育園の送り迎えにも立ち寄っていた思い出の場所。

時計を気にしながら随分と付き合ったんだよなあ。

「あれなーに?」

農道脇にある壊れたハウスを不思議そうに眺めています。

「なんだろねー?なんだと思う?」

「わかんない!」

「あっ!あっちにもあるよ!」

「そうだねえ。なんだろうねー?なんかに似てる?」

「おうち?」

そんな会話をしながら更に進むと立派なハウスを発見。

「あれなんだー?」

「なんか咲いているねー!何色の花があるかな?」

「きいろー!」

「あっちは?」

「あかー!」

「バラの花だよ!」

っていう花の説明はスルーされてハウスの次は大きな銀色のタンクを発見。

「これはなんだー?」

「なんに似てるかな?」

「みずがはいってるよ!」

なるほど確かに水タンクかもしれない。

その後も次から次へと興味関心は移り続けていきます。

「これなーにー?」

「あれなにー?」

ってひたすら聞いてくる。

ホントに子どもは好奇心のかたまりなんだよね。

まあ、ボクはいつだって簡単に答えを教えることはないけれど(笑)

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを支える大人が元気になる

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔じゃなくっちゃね!

第4期(8月)クルー募集中!

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

心おどる未来像を描いてみませんか。

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました