✨️Challenge Respect Smile✨️

秦野に伝わる「火渡り神輿」って?

健速神社例大祭「火渡り神輿」

毎年恒例となっている市民清掃があった丹沢・大山の麓。

地域の皆さんが多く集まる貴重な機会です。

26年前は21戸だった組は30戸に増えています。

昼は「ぱわーすぽっと」で棒々鶏クレープをいただいてから散髪へ。

いつもの「コサワ」さんでサッパリと紙を切ってもらい地域を散歩。

風に乗って丘の向こうから太鼓の音が聞こえてきます。

今日は健速神社の例大祭。

夜空を焦がす火祭り神事-健速神社例大祭が4年ぶりに開催 | はだの旬だより-秦野の観光情報サイト
夜空を焦がす勇壮な火祭りとして有名な健速神社の例大祭が、9月10日(日)に4年ぶりに開催されます

太鼓連と共に神輿が地域を練り歩いているんですね。

参道脇に所狭しと並ぶ露店も夜のクライマックスに向けて準備中。

田中屋さんの前には顔なじみの方たちが集まっている。

昔からお世話になっている皆さんと話をして一旦帰宅。

太鼓連が境内へと戻って来る19時頃に再び足を運びました。

消防車が置いてあって境内には消防団の皆さんが控えています。

用意された麦わらが本殿脇に積まれ、神輿が戻って来る直前に点火。

炎が舞い上がったところへ神輿が境内へとやって来る。

火渡りしながら威勢の良いかけ声と共に本殿の前を何度も通過する。

最後は本殿へと神輿が捧げられてフィナーレを迎えます。

4年ぶりの開催。

活気が戻って良かったなと思うのと同時に継承の大切さを実感しました。

「健速神社例大祭」おすすめです。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場に関わる教育研究家。
秦野市議会議員としても笑顔で活動中!
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
暮らし
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/