自然の中で育つ。

森は多くを語らず。 教育

春を感じさせるような雨となった丹沢・大山の麓。

3月頃の雨という感じだったような気がする。

まだまだ寒さの本番はここからなのだろうけれども。


「土壌」


そんなキーワードが頭の中を飛び回っている。

目には見えない地下の世界の話でもある。

良い森は多くの微生物によって生命力が維持されている。


何度も書いているが促成栽培とはならない。

自然の中から生まれてくる世界観がそこにはある。

今日の画像のような感じだ。


これは数年前に日光の森の中で見つけた世界観。

程よい湿度の中に美しい苔がありキノコが繁殖している。

生命力あふれる森だった。


特に誰かが手を加えているわけでもない。

ありのままの自然の姿。

そんな中で天然のキノコが育っている。


人間も同じように自然の中に生きている。

子どもの頃から自然に触れる機会は重要だ。

それによって人間本来の機能が発達するのだから。


学校の中にこもるだけでなく…

野外で学ぶことの重要性を再認識したい。

そんなことを思う日曜日。

タイトルとURLをコピーしました