お日様が恋しい季節へ向かう大日向

お日様が恋しい季節へ向かう大日向

朝晩とグッと冷え込むようになった標高895メートル。

少しずつ冬の足音が聞こえてくるような山々の景色。

学校では開校に向けてリフォームも始まっています。

凍り付く前に作業も急ピッチで進められるようです。

さて…

ボク自身も少しずつ冬支度を進めなければなりません。

さすがに小さなセラミックヒーターだけでは冬を越せないようです。

そろそろ灯油ファンヒーターかストーブを買いに行かないといけません。

一冬の燃料代はどれくらいになるのでしょう。

灯油代が高くなっているのも心配。

マイナス10度を下回ることもあるというほど佐久穂の冬は寒い。

心配はつきませんが、寒さからは身を守らないといけません。

ありがたいことに東向きの部屋には天気が良ければ朝から陽差しが入ります。

南向きの部屋にもグッと差し込んでくれる太陽光はありがたい存在です。

夏のギラギラとした太陽は避けていましたが寒い季節は貴重な熱源。

聞けば冬の晴天率も高いということなのでお日様が頼みの綱でもあります。

さすがに朝晩は信じられないほど寒くなりそうですが…

昼間は、できる限り太陽光を活かしたい。

体調管理もしっかりとしないといけませんね。

季節の変わり目です。

皆さんもお体ご自愛ください。