先生やスポーツ指導者向け「リーダーシップ」を考える3冊

年度末の仕事も一段落する人たちもチラホラいるようです。

私は、まだ終わっていないので少し焦っていますが…

さて、4月に向けてパラパラとページをめくってほしい3冊を紹介します。

私にとっての「2017年度リーダーシップ部門ベスト3」でもあります。

超「個」の教科書

ボクらの世代には憧れの存在、風間八宏さんの本が面白い。 私がチームをつくる上で、大事にしていたことがあります。 それは「組織をつ...

私がチームをつくる上で、大事にしていたことがあります。
それは「組織をつくることで個を生かす」のではなく、「個を生かすことで組織にする」というものです。

教室という枠組みから始めるのではなく「個」から始めるということ。

人を奮い立たせるリーダーの力

ラグビーファンのみならず多くの人たちからリスペクトされていたラガーマン。 昨秋の悲しい知らせは、残念でなりませんでした。 ...

場所に人をあてはめるのではなく、人に場所をあてはめる。

平尾さんの言うように、トライアンドエラーを繰り返せる教室って大切です。

完璧なリーダーは、もういらない

ボクは「宇宙兄弟」を知りませんでした。 それでも「シャベリカ宇宙兄弟バージョン」は持っています(笑) 先日、新たな「宇宙...

従来の「リーダーは常に固定された人物」という考え方ではなく、チーム全員がリーダーであり、状況に応じて誰かがリーダーシップを発揮する。

リーダーは一人ではなく、その時々で誰もがリーダーになれる。

他にもあるとは思うのですが私からのオススメ、こちらの3冊です。

読んでみてくださいね。