【蹴球親楽】第32回:幼なじみと楽しむ公式戦

日大藤沢vs湘南ベルマーレ

神奈川県U-18サッカーリーグK1 日大藤沢高校 4-2 湘南ベルマーレ

サッカーボーイズ3号は9番をつけてFWで出場。

相手チームの9番は、小さな頃からグランドでボールを共に蹴ってきた幼なじみ…

お互い3兄弟の末っ子対決は見所満載でした。

3号は中学校時代のチームメイトであるDFとマッチアップする場面も多数。

みんな大きくなったけれど、不思議と小さな頃からの特徴が残っているのが面白い。

小回りがきく幼なじみくんは、相変わらずのテクニシャン。

後方からのクロスボールをスライディングで押し込む彼のゴールは見事でした。

3号も負けじ高さを生かしたヘディングやと身体の大きさを生かしたポストプレーで応戦。

古巣相手にゴールは奪えずでしたが、きっちりと3アシスト。

日藤はゴールへの意識が高く、随所に個々の特徴が出てナイスゲームでした。

そうそう…

中学校からチームが別々となった二人が公式戦で戦うのは初めてのこと。

保育園に上がる前から一緒に遊んでいた二人…

試合中、何度か言葉を交わす心理戦もあったようですが、それも楽しかったとか…

試合後の二人のサッカー談義も十分に楽しませてもらって帰宅。

なんだか、スッキリしました。

やっぱりサッカーはいいね!