ようやく桜前線が大日向に到達

ようやく桜前線が大日向に到達

佐久穂町は千曲川沿いに南から北へ緩やかな傾斜地で東西は峠へ登っていく山間地。

町内でも少しずつ標高の高いところへ向かって桜前線が通過していくようです。

標高の高い川上村や南牧村では、まだ咲いている様子はありません。

小海町に入ると佐久穂町に近づくにつれて開花した桜が目に留まる。

役場近くまで来ると遠くからでも咲いていることがわかるくらい綺麗です。

ソメイヨシノではなくベニヤマザクラと思われる深いピンク色の桜は満開。

大日向へは国道141号線から東へ峠に向かって上ります。

町役場の佐久庁舎は標高が743メートル、大日向小学校は895メートル。

「少しは咲いたかな?」

と思いながらアクセルを踏み続けてグングンと学校を目指します。

校舎が見えて来ると薄らとピンク色に染まっている。

「ひょっとすると開花したかも?」

学校の南側にある桜はいくつか花を咲かせています。

定点観測していた蕾もこの通り暖かさに誘われてバッと咲いたようです。

4月末には桜が一気に開いてしばらく花見が楽しめそうな予感。

楽しみがまた増えましたね。

桜をバックに子どもたちと写真を撮れたらいいかもなあ。

タイトルとURLをコピーしました