学校のある地域を歩いてみよう

教育

秋の気配を感じる丹沢・大山の麓を歩き回った土曜日。

「37,161歩」「30.20km」

弘法山の麓から大山道が通る集落までを往復&地元を散歩(汗)

鎌倉時代からあるという神社を通り歴史ある道を行く。

「あれ?こんな道があるんだな?」

今まで通ったことのない道を歩くと新たな発見があるものです。

狭い道だけれど、明らかに近道は昔からある道。

そうそうボクら教師に圧倒的に足りないものが「街歩き」

学校のある地域に住んでいればいいけれど、ほとんどは他地域から通勤している。

毎晩遅くまで仕事をしていたら学校と自宅を往復するしかありません。

そのほとんどが自家用車やバスなどを利用している。

よって地域を歩くなんてことがないのです。

「カリキュラムはどう作ればよろしいでしょうか?」

講師として呼ばれる学校でよく尋ねられる質問です。

「提示に退勤して街を歩いてください。話はそれからです(笑)」

なんて答えることが多いです。

子どもたちが毎日のように歩く学区には教材がゴロゴロと眠っています。

だからボクら教師は彼らと同じように歩くことで地域を知るのです。

とにかく歩き回る。

平日は難しいでしょうが、休日にはオススメのアクティビティです。

あー!疲れた(汗)

教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました