特徴を出すことの難しさ「ヴェルディ相模原vs横河武蔵野」から

20130926-174753.jpg
JCY予選、ヴェルディ相模原の今夜の対戦相手は、強豪である横河武蔵野FCです。

横河武蔵野FCといえば、三鷹に専用グランドを所有するJFLのクラブ。

ユース年代もパワフルなサッカーをすると聞いていたので楽しみに観戦に出かけました。

序盤から、圧倒されたのはパスのスピードです。

横河武蔵野はボールを奪うとすばやくワイドに展開するので、ヴェルディ相模原は序盤から圧倒され早々に2失点。

それでも落ち着きを取り戻して、パスをつないで左サイドから完璧に崩して1点を返して前半を折り返します。

後半の次のゴールが鍵であるということは、会場にいる誰しもがわかっていました。

でも、不運なハンドでPKを献上してしまったヴェルディ相模原は、更にリードを広げられてしまいます

その後は、よく中盤で頑張っていたMFが2枚目のイエローで退場となってしまい万事休す。

終わってみたら1-5と完敗。

残念でなりませんが、体も一回り大きな横河武蔵野に対して、ヴェルディ相模原の特徴が出し切れなかったのが一番の心残りです。

一ひとりのボールコントロールには定評があり、ショートパスで相手を食いつかせてスルーパスを繰り出すのが得意なパターンのはずです。

しかし、ブロックを素早く形成する横河武蔵野のディフェンスにイージーミスを狙われてリズムをつかみきれませんでした。

「90分をどう戦うか?」ということを考えながらも「遊び心」も必要かと思うのです。

「自分たちの特徴はなにか?」

今一度、再確認して魅力的なサッカーを見せてほしいと思います。

次は「つくばFC」との対戦です。

楽しみながら勝利をめざしてほしいものです。

残りの公式戦も少なくなってきたので、悔いのないように!